アーカイブ | 7月 2015

育毛について考える

新しい髪の毛が生えてくる環境を整えるためには地肌を清潔にすることです。
適当に洗っていると毛穴に皮脂が残ってしまい髪の毛が抜けやすくなってしまいます。
シャンプー前にブラッシングをしておきます。

髪の毛に絡みついたほこりを取り除くことができます。
シャンプーは適量にして掌で泡立ててから頭皮につけます。
指の腹を使ってマッサージをしながら洗います。

すすぎはしっかりと行いシャンプー剤が残らないようにします。
リンスは地肌につかないようにします。

タオルで水分をしっかりと吸い取らせてからドライヤーで乾かします。
頭を乾かさないで寝てしまう人もいますが抜け毛の原因となるので気をつけてください。
地肌の透けているところが気になる場合は育毛剤を使います。

地肌に栄養を与えたり血行を促進させることができます。
セルフケアで改善がみられない時は一人で悩まずに皮膚科に行ったりしてアドバイスをしてもらうとよいのではないかなと思います。

髪にも紫外線対策が必要

紫外線は肌に悪影響を当てるだけでなく、髪にも悪影響を与えます。
紫外線を無防備に浴び続けていると、髪が抜けやすくなったり成長が悪くなります。

紫外線を浴びると髪のキューティクルが開いてパサパサになったり枝毛が増えます。髪の中がスカスカになるので、切れやすくなります。

頭皮にもダメージを与えます。頭皮がダメージを受けると乾燥してフケやかゆみの悩みがでたり、髪の成長が悪くなります。

本来太く長く育つ髪が、細く弱々しいものになってしま、すぐに抜けるようになります。全体的にボリュームがないのでペチャンコな印象になります。

髪にも紫外線対策が必要です。帽子をかぶったり日焼け止めで防ぎましょう。
目が粗い帽子は紫外線を通してしまうので、細かく織られている生地がおすすめです。

通気性が悪いと蒸れて雑菌が繁殖して頭皮がダメージを受けます。汗をよくかく方は通気性がよい帽子がよいでしょう。

日焼け止めは髪専用のものを使用しましょう。スプレータイプで簡単につけられるものがあります。